〜杜の都 仙台・まちなか映画館〜

トップページ画像.png

上映予定作品
都合により変更になる場合がございます。

8/27(土)より公開

火.jpg


※8/29(月)11:00・9/2(金)18:00休映

上映時間
11:00 
14:30 
18:00 



「火 Hee


芥川賞作家中村文則原作×監督・脚本・主演桃井かおり



アメリカのクリニックで働く精神科医・真田は、家族とショッピングに出掛けた際に乗り込んだエレベーターでひとりの女(桃井かおり)と出くわす。耳にした彼女の声が頭から離れず、彼はクリニックで女を問診している妄想を始める。火事で両親が他界し、学校ではいじめに遭い、結婚した相手に浮気され、離婚後はアメリカで売春婦をしながら借金に追われるという身の上話をする女。それを聞きながら真田は、彼女が相対してきた男と自身を重ね合わせる。そして女の話は、どんどん異様なものになっていき……。
「土の中の子供」で第133回芥川賞に輝き、「掏摸(スリ)」「教団X」などの話題作を放ち続ける作家・中村文則の短編を基にしたサスペンス。エレベーターで遭遇した女性を妄想の中で問診する精神科医が、虚構の対話を続けていくうちに思わぬ事態にのみ込まれる。数々の出演作を誇る桃井かおりが監督・脚本・主演を務め、『この国の空』などの奥山和由がエグゼクティブプロデューサーとして参加。狂気とあやしさを秘めるヒロインにふんした桃井の力演に引き込まれる。


監督・脚本・出演/桃井かおり
2016年 日本 72分


公式ホームページ



8/27(土)より公開

イレブン・ミニッツ.jpg

上映時間
12:40 
16:10 

「イレブン・ミニッツ


イエジー・スコリモフスキ最新作



女たらしの映画監督、やきもち焼きの夫、刑務所から出てきて間もないホットドッグ屋、強盗に失敗した少年など、現代の大都会で事情を抱える11人の男女と1匹の犬。午後5時から5時11分まで、わずか11分の間にそれぞれの人生が絡み合い……。
『アンナと過ごした4日間』『エッセンシャル・キリング』などで知られ、カンヌ、ベネチア、ベルリン国際映画祭で受賞経験のあるポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキが放つ群像サスペンス。大都会に暮らすわけありの11人の人々と1匹の犬が織り成す、午後5時から5時11分までのそれぞれのドラマを交錯させて描く。『ベルファスト71』などのリチャード・ドーマーらが出演。11分の間の出来事という設定と予測不能なラストが見どころ。


監督・脚本・プロデューサー/イエジー・スコリモフスキ
出演/リチャード・ドーマー ヴォイチェフ・メツファルドフスキ パウリナ・ハプコ アンジェイ・ヒラ
2015年 ポーランド アイルランド 81分


公式ホームページ



8/27(土)より公開

マンガ肉と僕.jpg

※9/2(金)休映

上映時間
19:30 

「マンガ肉と僕


男の目は女の何を見るためにあるんやろ



京都に暮らす孤独な大学生のワタベ(三浦貴大)と、太っているために同じ大学の生徒に後ろ指をさされているサトミ(杉野希妃)。分け隔てなく接してくれるワタベの優しさにつけ込んだサトミは、ワタベの家に転がり込み、やがて支配しようとする。そんな中、ワタベはアルバイト先で知り合った菜子(徳永えり)に好意を持つ一方で、サトミの過去を知ることとなり……。
女による女のためのR-18文学賞を受賞した朝香式の小説を基に、『ほとりの朔子』などで女優やプロデューサーとして活躍する杉野希妃が初の長編監督に挑戦したドラマ。秘密を抱える太った女性をめぐり、孤独な青年と女性の奇妙な関係を描く。
杉野は出演を兼ね、『リトル・フォレスト』シリーズなどの三浦貴大と『春との旅』などの徳永えりが共演。「女性が男性に嫌われるために太る」という一つの考え方と、「差別」「抗う女たち」といったテーマを掲げ、人の心理を繊細につづる世界観に注目。


監督・プロデューサー/杉野希妃
出演/三浦貴大 杉野希妃 徳永えり ちすん
2014年 日本 94分


公式ホームページ



9/12(月)より公開

すれ違いのダイアリーズ.jpg

「すれ違いのダイアリーズ


100万人の心を癒やした!
2つの実話から生まれた奇跡のような物語



ソーン(スクリット・ウィセートケーオ)は電気も水道も通っておらず、携帯電話も圏外になるような奥地の水上学校に新任教師として赴任する。元気いっぱいの子供たちに振り回されながらも多忙な日々を送っていた彼はある日、一冊のノートを発見する。それは前任教師エーンが自身の心の内をつづった日記帳で……。
『フェーンチャン ぼくの恋人』のニティワット・タラトーン監督がメガホンを取り、タイでヒットを記録したラブストーリー。日記を通して一度も会ったことのない女性教師を好きになってしまったピュアな主人公の姿を、笑いを交えて映す。歌手としても活躍するスクリット・ウィセートケーオが主演を務め、ヒロインを『ミウの歌』などのチャーマーン・ブンヤサックが好演。クラシカルでプラトニックな恋物語に胸が高鳴る。


監督・脚本/ニティワット・タラトーン
出演/スクリット・ウィセートケーオ チャマーン・ブンヤサック スコラワット・カナロット
2014年 タイ 110分


公式ホームページ



9/12(月)より公開

ビハインド・ザ・コープ.jpg

「ビハインド・ザ・コーヴ
               ~捕鯨問題の謎に迫る~


日本の食文化はなぜターゲットにされたのか?
驚きの事実がついに暴かれる!



2014年、日本の調査捕鯨に関して、オーストラリアから実態は商業捕鯨であり国際捕鯨取締条約に違反しているとして国際司法裁判所に提訴された件で、判決が下された。その内容は、日本政府が裁判所から南極海においての調査捕鯨が否定されたものだった。このような捕鯨問題の現状に危惧を抱いた八木監督は、ビデオカメラを片手に、個人的な調査をスタートする。
日本のイルカ漁を捉え、第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した『ザ・コーヴ』に反証を試みる渾身のドキュメンタリー。一方的なイルカ漁批判に疑問を抱いた八木景子監督が、捕鯨問題を追いその裏に隠された真実に迫る様子を映す。『ザ・コーヴ』のルイ・シホヨス監督をはじめ出演のリック・オバリーや太地町の人々に取材を敢行。捕鯨反対派や擁護派ら双方の主張から浮かび上がる真相に注目。


監督・撮影・編集/八木景子
出演/ルイ・シホヨス リック・オバリー 森下丈二 諸貫秀樹 
2015年 日本 107分


公式ホームページ



9/24(土)より公開

エミアビ.jpg

「エミアビのはじまりとはじまり


笑えない日々を、笑え。



人気が出てきた若手漫才コンビ、エミアビの一人、海野(前野朋哉)が自動車事故で同乗者と共に命を落としてしまう。十年来の相棒を失くした実感を得られないまま、遺された実道(森岡龍)とマネージャーの夏海(黒木華)は、その同乗者・雛子(山地まり)の兄で自分たちの先輩でもあった黒沢(新井浩文)を訪ねる。エミアビのことが大好きだった雛子のためにもネタを披露してくれという黒沢の頼みを受けてピンネタを繰り出す実道だったが、元芸人の黒沢からダメ出しされてしまう。
『舟を編む』の脚本家としても知られる、『となり町戦争』『フレフレ少女』などの渡辺謙作監督による青春ドラマ。相方を自動車事故で失った漫才コンビの片割れが、同乗していたために命を落とした女性の兄との関わりを通して自身を見つめ直す。主人公の漫才師にふんする『ピース オブ ケイク』などの森岡龍を筆頭に、『ニュータウンの青春』などの前野朋哉、『アウトレイジ ビヨンド』などの新井浩文らが顔をそろえる。笑いと涙が詰まった物語に加え、森岡と前野が披露する漫才も見もの。


監督・脚本/渡辺謙作
出演/森岡龍 前野朋哉 黒木華 新井浩文
2016年 日本 87分


公式ホームページ



9/24(土)より公開

ラサへの歩き方.jpg

「ラサへの歩き方~祈りの2400km


こころは、シンプル。



チベット東部のカム地方。父親を亡くしたニマは、父の弟ヤンペルの死ぬ前にチベット仏教の聖地へ行きたいという願いをかなえるため、ラサと聖山カイラスへ巡礼に行くことを決める。同行したいと願い出てきた村人らも合わせて11人が村を出発し、五体投地をしながらラサへ向かう。途中、妊婦のツェリンの出産や、ジグメが落石で脚をけがするなどの出来事もあったが、そのたびに助け合いながら聖地を目指す。
チベットの村からチベット仏教の聖地であるラサとカイラス山を目指し、五体投地という礼拝法を行いながら1年かけて旅をする様子を描いたロードムービー。合掌、両手・両膝・額を地面に付け、うつぶせになった後に立ち上がるという動作でひたすら進み続ける11人の姿を映す。メガホンを取るのは、『こころの湯』『胡同(フートン)のひまわり』などのチャン・ヤン。一般の村人が自身の役を演じる。チベットの人たちの信仰心や、シンプルな生き方が胸を打つ。


監督・脚本/チャン・ヤン
出演/ヤンベル ニマ ツェワン ツェリン
2015年 中国 115分


公式ホームページ



近日公開

涙の数だけ笑おうよ.jpg

「涙の数だけ笑おうよ ―林家かん平奮闘記―



どんなに辛くても、どんなに苦しくても、頑張っていれば―



1972年に7代目橘家圓蔵に入門し、キャリアを重ねてきた噺家の林家かん平は41歳のとき脳溢血で倒れ、およそ3年間の入院生活を余儀なくされる。そして彼は、右半身不随や言語障害のリハビリに励みながら高座に上がり続けた。だが寄る年波には勝てず、車椅子で高座に上がるようになった彼は思い悩んでいたが……。
噺家の林家かん平が、右半身不随や言語障害と闘いながらも車椅子で高座に上がり続ける姿に迫るドキュメンタリー。1990年に脳溢血で倒れ、リハビリを続けながら20年以上も噺家を続けてきた男の日常を1年にわたり追い掛ける。『アイドル7×7監督』などの竹藤恵一郎が監督を担当。障害を抱え、同居中の母親の介護や辛いリハビリに忙殺されながらも、ひたすら明るく前向きな噺家の笑顔に元気をもらう。


監督/竹藤恵一郎
ナレーター/津川雅彦
出演/林家かん平 海老名香葉子 江戸家猫八 エド家小猫
2016年 日本 85分


公式ホームページ



近日公開

月光.jpg

「月光


命の根源に暴力を受けた時、ひとはどのように生きていくのか
絶望から掬い上げられる魂を描く衝撃作!



ピアノ教師のカオリは、ある夜生徒の一人であるユウの父親から暴行される。その出来事はつらい過去の記憶まで思い出させてしまうが、一方のユウも父親から性的虐待を受け続け、誰にも相談できず苦しんでいた。心に深い傷を負ったカオリとユウの距離が縮まっていく。やがてカオリはユウの願いをかなえるべく、ある決心を固める。
児童虐待など切実な社会問題をテーマに映画を撮り続けてきた、『風切羽~かざきりば~』などの小澤雅人監督による社会派ドラマ。社会や家庭で多発する性暴力被害の実態を真っ向から見つめ、人間の尊厳と希望を描き出す。主演は、『銀座並木通り クラブアンダルシア』などの佐藤乃莉と、『悪夢ちゃん』シリーズなどの石橋宇輪。共演には遠山景織子をはじめ、黒沢あすか、美保純らが名を連ねる。


監督・脚本・編集/小澤雅人
出演/佐藤乃莉 石橋宇輪 古山憲太郎 遠山景織子
2016年 日本 111分


公式ホームページ